フード事業部銀座に志かわ高槻店 店長

にしの じゅんや西野 順也

年入社

食パン作りはとても奥が深いんです。

一本一本店内で手づくりしているこだわりの商品です。

高級食パンブランド「銀座に志かわ」の新規事業を 行うにあたって白羽の矢が立ったのは、デリバリー 事業でドライバーとして活躍していた西野だった。

パン作りについては何も知らないところから スタートして今ではフード事業部の中核を担う存在 として活躍するに至る。

毎日のパン作りが真剣勝負

高級食パンを製造・販売している銀座に志かわ高槻店の 店長をしております。銀座に志かわの食パンは、一本一本 店内で手づくりしているこだわりの商品です。 上品な甘みがあるのが特徴で、私自身も毎朝食卓で食べる のを楽しみにしているぐらいです。

食パン作りはとても奥が深いんです。その日の気温や湿度により味が大きく変わります。 水にもこだわりがあるので、それらの条件を微妙に調整して最高の食パンを作ることに大きなやりがいを 感じています。

元バイク便ライダーからの転身

私は元々バイク便のライダーとしてハニー・ビーに入社し ました。社長から直々に「食パンを作ってくれ」という お願いをされた時に二つ返事で受けさせていただきました。 やってみて思うのは、バイク便も食パンづくりも 「お客様を喜ばせる」という点では同じだな、ということですね。

リピーターのお客様が喜んで買っていってくださる姿を見ると、このお仕事をしていて良かったなって思えます。

多様な働き方を楽しめるかどうか

ハニー・ビーのお仕事は物流事業、IT事業、フード事業 と多岐に亘ります。言い方を変えれば、自分の興味のある ことを突き詰めて技術を磨いていけば、必ず活躍できる フィールドがあると言えると思うんです。 そんな中で、自分はこれしかできないからと可能性を狭め

てしまうのではなくて、積極的に仕事を創り出していけるような方が活躍できるのではないかと思います。 私ももっとパン作りに励んで、もっともっと美味しい食パンを作っていきたいです。

ENTRY

採用エントリーはこちら